ゆるせない話。(ラーメン屋編)

Pocket

つい先日の話。

会社帰りにどうしてもラーメンが食べたくなってしまい、あれこれ考えた末、

帰り道からすこし反れたところに行ったことのないラーメン屋があったことを

思い出して食べに行くことを決意しました。

クーポン雑誌には夜10時まで営業とあったので急いで向かいました。

時刻は9時50分。

ラストオーダーというか最後の嫌な客だろうなと覚悟しつつドアを開いてビックリ。

完全に店じまい中。店の時計でも9時50分。

引きつった笑顔で「もう終わり?」と聞くと、バイトらしい兄ちゃんが

「すいません。今閉めたとこなんですよ。」と悪そびれた様子なんてこれっぽっちもなく

答えました。

腹が減ってたまらないときの激怒は体によくないですね。

帰り道は時速150キロで飛ばして帰りました。

営業時間を掲げているにもかかわらず、明らかに30分前には閉めていたはず。

長生きしそうにないラーメン屋ですな。