あれから約2週間

Pocket

あの悲劇から約2週間経ち、やっと落ち着いてきました。

あの夜に何があったのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

10歳になる愛犬バーツがこの世を去りました。

 

 

 

 

2011050617230000.jpg

酔っ払って帰ってからの散歩の途中で。

 

 

 

 

 

街灯がない暗闇で、溝に落ちて、、、、、即死でした。

 

 

 

 

突然のことで酔いがさめ、落ちて濡れた遺体を抱きかかえて座り込み

しばらく声を出して泣いてしまいました。

ただ、唯一救いなのは、私の腕の中で息を引き取ったことです。

 

あれほどかわいがっていた犬なのに、最近の写真を探しても全然なくて

撮っていなかったことに申し訳なくて

また会いたくて

またオヤツをあげたくて

また見つめあいたくて

かなり涙しました。

 

結局、カミサンと相談の結果、火葬しました。

遺骨は今でも自宅にあります。

 

10年の楽しかった思い出が1週間に凝縮され

反対のベクトルとなって私を襲い掛かりました。

 

そんな中、「虹の橋」という外国の詩に触れ

かなり癒されましたね。

そしてなぜだか、ケツメイシの「仲間」にも救われました。

 

ようやく家庭にも笑顔が戻り、涙もなくなりつつありますが、

多分私だけ、毎晩寝る前に遺影の前でちょっとウルっとします。

「また会おうな」っていつも心の中で語りかけています。

 

 

 

 

 

買っていくきに、待っとうてよ。

最近見つけた特産ぜよ。

2011050617410000.jpg